OCNってどうなの?

私が格安SIMに乗り換えようと思ったきっかけは、留学先でSIMカード対応のスマートフォンを購入したからです。

一時的な電話番号と、2GBほどのデータしか使えませんでしたが、特に不自由はしませんでした。
スマートフォン自体も3万円くらいでしたので、日本で新たに月1万円近く携帯代に費やすのが馬鹿らしいと思うようになり、帰国後思い切って格安SIMに乗り換えました。

現在はOCNモバイルONEの「月額2150円の音声付きSIMプラン」を契約しています。こちらのプランでは毎月5GB使えます。
留学先ではWi-Fiが充実していたのですが、日本ではあまり充実していないので、データをたくさん使うことを見越して少し多めのプランにしました。

OCNモバイルONEを選んだ理由は、半年以上使用すると契約が解除できること、また、契約したその日から使える点に魅力を感じました。
以前は携帯代として、月1万円以上支払っていましたが、現在は基本的にプラン内に収めることができていますので、8000円以上の節約につながっています。
お昼時など利用者が多い時間帯には速度制限があり、時々遅く感じますが、今のところ特に目立った不満点はなく快適に過ごせています。

実際のところ5GBも使っていないので、初めから5GBの契約にする必要はなかったなという気がしますが、毎月プランを変更できるので、もう少し使ってみてから改めてプランを決めたいと思います。

FREETELってどうなの?

私は昨年9月に、二台目のスマホとしてiPhone 7 Plusのsimフリー版を購入し、同時に新規にfreetelの「FREETEL SIM for iPhone/iPad」のデータ専用3GBプランを契約しました。
料金はキャンペーン期間に契約したこともあり、月に700円未満で月3GB使用できます。(ただし、SIMカード購入時に3150円かかります。)

さらに、2016年の11月からデータ繰り越しにも対応しましたので、前月に3GB中2GBしか使用しなかった場合、翌月契約分の月3GBと前月余った1GBとの合計4GBが使用できます。
また、この容量にはiPhone用のsimプランということで、アプリをダウンロードする「app store」での利用した通信量はカウントされません。
なので出先でのアプリのダウンロードも、気にすることなく使えるということです。

実際に使用してみての通信速度としましては、webブラウジングや、TwitterやInstagramの確認など、ほとんどストレスなく利用することができます。
ただし、金曜日の夜などに人が多く集まる場所で、webブラウジングしていますと大手の通信速度と比較し、ものすごく遅くなることもありました。
私は北海道の札幌市に住んでいるのですが、金曜日の18時ごろに札幌駅のレストランで通信していると、とても遅いと感じることが多々ありました。

また、動画の再生などはスムーズにできないことが多く、とても快適とは言えないので、動画の再生はWi-Fiにつながっている時にしか利用していません。しかし月に700円で、ほぼストレスなくデータ通信できるので私は契約して本当に良かったと思っています。なので、これからもfreetelのデータプランを使用していきたいとおもいます。

ドコモは高いのでBIGLOBEにしました!

私の場合、格安SIMと言う言葉は、数年前から携帯電話を扱う会社に勤める知人との会話の中や、ネットの情報記事で見聞きしてきましたが、いよいよ自分が気になり出したのが、一昨年の春頃からでした。

ウチの長男が中学校入学と同時に「スマートフォン(iPhone6)が欲しい!!」と言うことで、ドコモでスマートフォンの契約をしたのですが、親夫婦と長男の3人で利用すると、機種代金を含め最低でも27,000円ほどになってしまいます。
基本的には3人ともデータ通信量3GBのプランなのですが、妻や長男がLTE/3G回線でオンラインゲームやネットサイトを見る機会が多く、結局、速度制限解除オプションを利用して高くつくことが多いのが事実。私の知らない所でオプションを繰り返し利用されてしまい、請求書を見て3万円を遥かに超えてビックリすることもたびたびありました。

なので、「これは、格安SIMに切り換えるのが賢明だ。」と思いました。
各社から魅力的なプランが紹介されていますが、私が選んだのは「BIGLOBE SIM」です。元々自宅のパソコンのプロバイダーがBIGLOBEだったことから、毎月の基本料金から200円割引されるのが良かったです。

他の格安SIM会社も同様なものが多いですが、BIGLOBE SIMも結局、通信回線はドコモの回線を利用していますので、それ以前と変わらないと思うと安心でした。

実際に行動に移して、BIGLOBE SIMに切り換えられたのは昨年の11月でした。家族のうち、私と長男の2人がドコモからBIGLOBE SIMの音声通話SIM(データ+SMS+音声通話)のライトSプラン(6GB)を選びました。

実はちょっと長男はBIGLOBE SIMに切り換えることに抵抗があったことから、仕方なくオマケとしてYouTubeやApple musicなどが使い放題となる「エンタメフリー・オプション」を付けてあげることで「それはイイ!」と納得してもらいました。

電話代がお得になる「通話オプションパック」などは、契約しませんでした。それまでのキャリアでカケ放題の様なプランを契約していましたが、ほとんど通話をすることがなく、平均すると月30分も使わないことからも不要だと考えました。

結局妻は、キャリアのメール(@docomo.ne.jp)が使えなくなるのがイヤと言うことで、一緒に切り替えることがかないませんでしたが、私と長男の2人がBIGLOBE SIMに切り換えたことで、2人の利用料金が平均して17,000円ほどだったものが、エンタメフリー・オプションを付けても2人合わせて5,000円ほどになりました。
これは家計に与える影響は大きかったです。
こちらもおすすめ:格安SIMのランキング比較サイト|格安SIM各社の口コミも紹介